170107繭玉ま~ゆ市

💛~2017年最初の繭玉ま~ゆ市&新年会報告です~💛

7日のお昼過ぎから続々と参加者が市民プラザ・ゆうの調理室に集まり、新年のあいさつがあちこちで飛び交う中、ヒデさんの司会進行でスタート。
今年は0歳から小学5年生までのお子さんが13人も参加してくれ、とってもにぎやか。 子どもたちの声が聞こえるのってホントにいいもんですね。
総勢40名余の方が参加してくださいました。

●まずは繭玉つくり
たまちゃんはじめベテラン母さんの指導で米粉をこねて蒸かし、色粉も体にいいものをと赤はビーツから黄色はターメリック、 緑は都々平さんの提案で今回初めて抹茶を使いました。
繭玉の形に整えて柳の枝に飾っていきます。
柳の枝は毎年、西ちゃんとごんべいさんが準備してくれています。

●次は新年会
賑やかに飾り付けられた繭玉をバックにテーブルには繭玉団子や持ち寄りのごちそうが並び新年会のスタート。
まず、1月生まれのぶんちゃん、きみちゃん、かおるん、小菊さんのハッピーバースデー。
年男のごんべえさんをお祝いしました。
何と宮沢園芸さんから素敵なシクラメンのプレゼントを今井さんが持って来てくれました。
1月生まれの方はいいな~~とちょっぴり羨ましくなります。
来年年女になるミースケさんは来年も是非プレゼントお願いしますと、ちゃっかり気の早いお願いをしてました。

♪今月の歌 「ふじ山」や「たきび」の歌を元気よく子どもたちと一緒に歌いました。

●今年の抱負
さて、美味しいまゆ玉団子やごちそうをいただいた後は近況報告や新年の抱負の発表。
健康に過ごしたい。太郎山に登って体力維持を。孫に口うるさく言うのを控えたい。趣味の写真のこと。野菜は土づくりからと励んでいることなどなど、まさに十人十色。 子どもたちは、野球やサッカー、チアリーダーなどをそれぞれ頑張ると述べてくれました。
中でも陶吉さんの「今年は外だけでなく家の中でも笑顔でいるのを心がける」という意見表明に、みなさん深くうなづいています。
きっと夫々にいろいろ思うことがあるのでしょう・・・。
「笑う門には福来る」と昔から言われています。
苦虫を噛み潰したような顔してても1日。
なら笑って笑顔で過ごしたいもの。
世の中の不条理に怒り心頭に達することも多い昨今ですが、だからこそ、せめて身近な人たちとは笑顔で接するように心がけようと私も思いました。
さて、みなさんはどうですか。
今年もま~ゆで楽しくつながって笑顔でいきましょう。
どうぞよろしくお願いします。
最後にいつもいろいろ事前準備をしてくださる世話人のみなさん、ありがとうございました。
文:安井啓子(ケセラ)


カテゴリー: ま~ゆブログ   パーマリンク