191222 ま~ゆ餅つき大会

今年は大人28人子ども5人の33人の参加がありました。
朝早くからもち米を蒸かし次々とついていきました。
ごんべえさん自慢のもち米はきめが良くつやつやしたお餅になります。
室内ではつき上がったお餅を待ち構えて「のしもち」に成形。
28臼つきました。
その内3臼分はあんこ、大福、ゴマ、おろし餅のランチ用です。
ま~ゆ恒例の大福もちは今年は一人2個ずつできました。
2~3日かけて都々平さんが愛情たっぷりに煮てくれたあんこです。
小豆は峰ちゃんから分けてもらいました。
おろし餅はFUJIさん直伝。これも毎年好評です。

子どもたちもゴマやあんこをまぶすのを一生懸命してくれました。
カメラマンのウェイさんは毎回ま~ゆに来るといろいろなレシピを教えてもらうのが
楽しみだそうです。

年に一度だけ参加する人やお久しぶりの人もありランチはとても賑やかでした。
私たち大人は年ごとに衰えを感じるのですが、反面子どもたちの成長は目をみはる
ばかりです。
ま~ゆのイベントは子どもたちも楽しめる場面がいっぱいあります。
親や先生とは違ういろいろな大人とふれあう事は子どもたちにとってもとても貴重な
体験の場になると思います。
これからもどうぞお子さん、お孫さん連れでみなさんどんどん参加してくださいね。

※ドキュメンタリー映画「もうひとつの明日へ」の孟監督と王さん、ウェイさん、
王先生がこれらの様子を撮影しました。

参加されたみなさんお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

文:ケセラさん

カテゴリー: ま~ゆブログ   パーマリンク