180412 ま~ゆ寺子屋

『世界の自然と人々の暮らし』も今回で4回目。舞台は日本です。

◎上田は海の底だった
はじめに日本列島の地図を見ながら日本列島の成り立ちから話が始まりました。
1500万年前には糸魚川から静岡(フォッサマグナ)を結ぶ線の東側から千葉県付近まで
土地が陥没し日本海と太平洋がつながった時期があったそうで、そのころの上田は海の底
だったとか。
上田の伊勢山や小泉の地層からはイルカの化石(シナノイルカ)が出土してそれを証明して
いるとのこと。
また太郎山は火山灰が積もった緑色凝灰岩でできていると言われていたけど、最近の調査
から流紋岩と言われるようになっているとか。

いや~地理と歴史と地学の勉強を一緒にしてるみたいでした~。

◎日本列島の森林帯(極相植物群落)は気候帯によって四つに分かれる
◆植生分布と文化
①イタジイ:沖縄地方-琉球文化(亜熱帯気候)
②スダジイ:九州地方-照葉樹林文化(暖温帯気候)
③ブナ:本州東北地方-ブナ文化(冷温帯気候)
④エゾマツ:北海道地方-アイヌ文化(亜寒帯気候)

◎植物群落の時間的変化(植物遷移)菅平の例
裸地やじるし⇒シロザ⇒ヒメジオン⇒ヨモギ⇒ススキ⇒アカマツ⇒ミズナラ⇒ブナのように
遷移。最終的に極相林の森になる。(約130年くらいかかるそうです)
菅平のブナ林、舞田のアカマツ幼樹、青木村のアカマツ林や伊勢山のコナラ林など、
いっちゃさんの調査、木の成長実測についてもお話をお聞きしました。
アカマツ林にはミズナラの幼樹がありアカマツの成長と個体数の変化でアカマツの本数が
減少しミズナラが成長していくそうです。

◎松枯れ対策
近年問題になっているアカマツの松枯れ対策で害虫防除に薬剤が散布され上田市だけでも
年間1億円くらい使われている。
松枯れの原因にはいろいろあるがアカマツの寿命ということもある。
マツタケを栽培するにはアカマツ林を順次更新していくことも必要とのこと。
いっちゃさんは、自然はダイナミックに変化すると事例をたくさん紹介されました。

◎人々の暮らしに森林エネルギーを
人間のエネルギー利用には石油・石炭などの火力、原子力、水力、地熱、風力などの
エネルギー源があるが、木材など植物の光合成によって変換された太陽光エネルギーが
もっと注目されるといいとのこと。

◎日本のエネルギー資源輸入実態
96%を海外に依存し、自給はたった4%。輸入代金は年間およそ10兆円から20兆円にもなる。

◎地域の森林を活用
伊勢山のコナラ林の生産量から算出した年間のCO2吸収量や放出量から電気エネルギーへの
換算量も紹介されました。
上田市の森林で市の14%の家庭の電力を賄うことも可能とか。
(私には計算式が少し難しかったけど・・・)

この地域の森林を熱電発電(ゼーベック発電)で活用したらエネルギーの地産地消になると
実験道具と結果も紹介されました。
これを広く実用化するにはまだまだ道のりがありますが、地域資源を見直し地域で活用する
ことは、これからの社会や安全保障の面でもとても大事な視点だと改めて思いました。

今回は私たちが暮らす上田市周辺の調査を交えてのいっちゃさんの熱のこもったお話に、
たくさんの方から質問が出ました。
🌳============🌳========🌳
毎回豊富な写真や資料を用意して分かりやすく説明してくださる
いっちゃさん、ありがとうございました。

PS:ケニアの工房の木彫人形を持って来て見せてくださいました。
素晴らしい出来栄えの作品でした。

★次は5月17日(木)午後1時30分から市民プラザ・ゆうの大会議室です。
南アメリカ・アマゾン地域が舞台です。

文:ケセラさん

カテゴリー: ま~ゆブログ | 180412 ま~ゆ寺子屋 はコメントを受け付けていません。

180408 お花見ま~ゆ市

🌺昨日のお花見ま~ゆ市報告です🌺

寒さに震えての花見じゃね~と、会場を公民館にして開催しました。

まずは持ち寄りランチ会。
次々と回ってくる春のごちそうにゆっくり食べる暇もないほど😊

食事と歓談の後は4月のハッピーバースデー。
しんこちゃん、山本さん、なみさんの3人をお祝いしました。
今井さんから珍しい黄色のモクレン、ピンクのモクレン、花桃、河津さくらの花が
プレゼントされました。

📯インフォメーションタイムでは、田植えや大豆の種まきの日程、サイクリング、廿日市、
ま~ゆ寺子屋の日時などのおしらせや報告が続きました。(詳細は別途お知らせします)

次に近況報告や一芸披露。
久しぶりに参加のノセさんはインフルエンザで入院までされたとか。
きよちゃんも帯状疱疹でダウンしてたとか。
ミーすけさんの「外郎売」の口上、殿下のアグネス・チャンの歌真似。
都々平さんの小噺に大笑い。
かっとまんが掲載された信毎記事から話が膨らみました。
ばくちゃんの音頭で手遊びゲーム。簡単そうだけどこれが頭の体操になってオモシロイ。
ごんべえさんのリードで「春の歌」の2部合唱も。にわかま~ゆ合唱団です。
モノコト交換は古本市でした。

こうしてみんなが顔をそろえ、何気ない日常を話せる場があるのも貴重な時間かと思いまし
た。

寒い中を参加してくださった皆さまありがとうございました。
残った団子を引き受けて下さった優しさに感謝です。

文:ケセラさん

カテゴリー: ま~ゆブログ | 180408 お花見ま~ゆ市 はコメントを受け付けていません。

180310 ま~ゆ市

今月はま~ゆ寺子屋とのジョイント開催。14:30から始まりました。
◉はじめにインフォメーション。
17日の種子法の講演会、24日の環境市民会議の講演会、味噌仕込みの日程確認、
会報について、青木郷土美術館で蝶の展示会などお知らせやお願いがありました。

◉3月のハッピーバースデーは、にゃんこ先生、早川さん(当日入会)、ケセラ、
亜季ちゃんちの4歳のげんき君、2歳のももかちゃんの5人。
賑やかにハッピーバースデーの歌でお祝いしました。
今井さんから皇帝ダリアの球根を、しん子ちゃんから絵本がプレゼントされました。
お菓子は、まるちゃんがアップルパイを作ってくれました。
ぶんちゃん、ミーすけさんのお漬物の差し入れもありました。
お茶はミーすけさんとケセラで用意しました。
お菓子とお茶でしばらく歓談。

◉モノ・コト交換
ごんべえさんのイガチク小麦、にゃんこ先生のイラク支援チョコなどの出店がありました。

◉最後にみんなで春の歌を歌ってお開きになりました。
うららかな春の日差しに温もりを感じるひと時でした。
今月もかっとまんの名司会でした。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★次回4月はお花見ま~ゆ市です。
4月8日(日)11時半からお弁当持参で集まりましょう。
みなさん、楽しいお花見をしましょう。(詳細は後日連絡します)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
文:ケセラさん

カテゴリー: ま~ゆブログ | 180310 ま~ゆ市 はコメントを受け付けていません。

180310 ま~ゆ寺子屋

『世界の自然と人々の暮らしPart3モンゴル編』報告(ケセラ)

①初めにモンゴルの草原に咲く花の写真を見ました。
ゆり、リラ、なでしこ、デルフィニウム、オオバコなど。
日本にもあるものですが色や大きさが少し違ってるようです。
草原にきのこが生えている。そこは周りより緑が濃いところで、空気中の窒素を固定化
できる根粒菌というバクテリアの力のようです。

②次にパオで暮らす遊牧の人びと。
日本人と顔付などとてもよく似ていて一緒に写っているいっちゃさんが、現地の人に
すっかり溶け込んでいます。
遊牧民は昔から土地を耕さないそうですが定住化が進んだ最近は、家(日本と変わりない
普通の建物)の近くの土地を耕して畑をつくっていました。

③エコシステムの中で暮らしが成り立っていたが今は・・・。
人びとは羊を飼う➡羊が草をきれいに食べる➡動物たちのフン➡集めて燃料にする➡
CO2がでる➡草がそれを吸収。
という循環のサイクルが成立していた。
しかし、現在は山羊の放牧がおこなわれるようになりエコサイクルが綻んできている。
山羊と羊の違いは、山羊は草を根元からすっかり食べてしまうので草が再生しなくて
土地が裸地になってしまう。草原が徐々に砂漠化していく原因のひとつとのこと。

④何故カシミヤ山羊をたくさん飼うようになったか?
カシミヤは羊毛よりも7倍近くの高値で売れるからだそうです。
商品経済として売れるカシミヤが人々の暮らしを”豊か”にし、暮らし方が大きく変化して
いるようです。
(※カシミヤの洋服を買う我々にも関係がある気がします。)

⑤いっちゃさんたちの調査(植物は格差社会?)
1㎡に区切った草地の植物を全て抜き取って種類と重さを計り、草原を構成する植物の
優占度関係を表にしていく気の遠くなるような作業を気候の厳しいモンゴルでされた
そうです。
草の種類によって生えている量が違っている。
そこから植物の社会は格差社会だと分かったそうです。

⑥なぜこのような調査をしたか。
地球温暖化は大気中のCO2の増加が大きく影響しているのでは・・との考えからです。
裸地が増え砂漠化が進み植物が育たない環境がCO2を増やしていると、いっちゃさんは
考えているそうです。
だから草原の植物を調査して再生能力以上の頭数の山羊や羊を飼うのは、砂漠化がすすむ
危険性があるから頭数を適正規模にするように提言されたそうです。
それは分かっているけど・・・生活がかかっているからとの返事が・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『自然との共生』と簡単には言えない現実の暮らしがある事。
これは私たちにも言える事。ではどうしたらいいのでしょう?
無限に広がる欲望をどのようにコントロールできるか、かな?
あふれかえるコマ―シャルに足元をすくわれないように、
心して暮らしたいものです。(自戒を込めての感想)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
文:ケセラさん

カテゴリー: ま~ゆブログ | 180310 ま~ゆ寺子屋 はコメントを受け付けていません。

180215 ま~ゆ寺子屋

『世界の自然と人々の暮らし』Part2のケセラ報告です。
今回はアフリカ・ケニア編でした。
~~~~~~~~~~~~
◉はじめに日本とアフリカの大地の成り立ちの違いから始まりました。
そこでの植物や野生動物の写真も見せてもらいました。
大昔の地球の成り立ちが土壌にも違いを産み出していることは新鮮な驚きでした。

◉雨が少なく土壌がやせている地域の人々の暮らし
主に主食のトウモロコシの栽培がおこなわれている。
土壌のチッソ不足を補うためにマメ科植物を一緒に植えている。
ただ青々とした広大な土地は換金作物の紅茶などを多国籍企業が栽培しているそうです。
地域の人々の暮らしは日本に比べると決して”豊か”ではないが、素晴らしい工芸品をつくる
工房や学校の子どもたちの表情がとても素敵だったそうです。

◉いっちゃさんたちの砂漠化防止実験
普通に人々が暮らすと草地や木々が減少し砂漠化が進む。
そこで、いっちゃさんたちは一定の土地に溝を掘って囲って人も家畜も立ち入りできない
ようにして、木の成長率や植生の変化を調査しました。調査結果を日本政府やケニア政府に
提言したが土地利用の変化は進まなかったそうで、何故か?は考えてくださいとのこと。

◉砂漠化が何故問題か?
植物群は大気中のCO2を吸収して地球温暖化を食い止める役割を一定担っているが、砂漠化
すると大気中のCO2が吸収されないため、気温上昇が進み地球温暖化が進行すると
いっちゃさんは考えています。
一方で地球温暖化とCO2の増加には因果関係がないという意見もあるそうです。
この件については、もう少し詳しくお話してくださいましたが・・・。
~~~~~~~~~~~
いずれにしても私たち人間の行動・活動が地域の自然だけでなく地球全体にも影響を
及ぼしていることは否めない事実だと思います。
持続可能な暮らしをどのように考えていくかひとり一人が問われているように思いました。
質疑では砂漠化の広がりから原発の問題、太陽光発電のパネルに使われているケイ素のこと、
ISの問題、ケニアの人はお風呂をどうしているか、マラリアの恐怖など多岐にわたる質問、
意見が出ました。
文:ケセラさん

多岐にわたる内容を的確に分かりやすくまとめていただきありがとうございました。
感謝です。
砂漠化が進んで裸地になった土地も、家畜の放牧や木の伐採をやめると、自然に緑が
回復するという結果の写真を見ていただいてよかったです。
早口で、舌足らずの話で反省することも多いのですが、次回修正したいところです。
話の後の皆さんのご意見はいつも勉強になります。
次のモンゴルの準備の励みになりました。
文:いっちゃさん


カテゴリー: ま~ゆブログ | 180215 ま~ゆ寺子屋 はコメントを受け付けていません。

180210 ま~ゆ市

大相撲の舞の海の講演会やらいろいろ重なった中で、それでもま~ゆ市に参加して
くださった方ありがとうございました。

==💛身体も頭も大いに使って楽しみました💛==

🌺初めにモノコト交換市(出品が少なくちょっと寂しかった)
ヒデさんからイラクや福島の子どもたち支援のチョコと古本。
ミーすけさんからスリッパの出品がありました。

★インフォメーション
15日=ま~ゆ寺子屋、17日=風穴の学習会(いっちゃさん)
23日・24日・25日=ガイヤ街中映画祭(ごんべえさん)
24日=有機楽農会学習会・里山フォーラムがありました。
※担当の方は後日詳細をお知らせください。

❤2月のハッピーバースデーは、なんとアンジンさんただ一人。
みんなでhappyバースデーを歌ってお祝いしました。
ぶんちゃんがドーナッツ、サイヤンが甘夏のピールをつくってきてくれました。
今井さんから桃、河津桜の花枝をプレゼントされました。

◆体ほぐし頭ほぐし体操
ぶんちゃんが日ごろデイサービスでやっていることを紹介。
右手と左手で別のことをするのは結構大変。
続いてばくちゃんもボランティアでやっていることを紹介してくれ、みんなでやって
みました。
こんな手遊びをま~ゆ市に毎回入れるのもいいなとの声もありました。

📚絵本『世界一貧しい大統領のスピーチ』朗読。
地球環境が問題なのではなく、限りなく欲望を肥大化した人々の生き方が、問題という南米
ウルグアイの大統領のスピーチから様々な意見・感想がでました。

発電や原発、省エネ、増え続ける廃棄物の問題など日頃の暮らしで感じていることから、
瀬戸内寂聴の若い秘書の本の話、チンパンジーの行動と人の行動の違いなど話題が
どんどん広がりおもしろいひと時でした。
こんな話ができるのもま~ゆならではと感じるひと時でした。
みなさんはどうだったかな?

かっとまんの名司会でとても盛り上がったま~ゆ市でした。
文:ケセラさん

カテゴリー: ま~ゆブログ | 180210 ま~ゆ市 はコメントを受け付けていません。

180115 ま~ゆ寺子屋

本日のま~ゆ寺子屋「世界の自然と人々の暮らし」に、雪で足元の悪い中をご参加いただき
ありがとうございました。

講師のいっちゃさん(林一六先生)からは世界の植生図と気候分布をインドネシア、
ブラジル、アフリカ、内モンゴル、ハンガリーなど調査研究で訪れた各地の写真を見ながら
説明をしていただきました。
特に地域の植生や気候と宗教との関連性など、とても興味深い視点もお話されました。

いっちゃさんはアフリカ、ブラジル、内モンゴルなど世界各地で広がっている砂漠化の問題
や課題を研究されてこられたそうです。
そこに暮らす人々の暮らしの変化や経済などが複雑に絡み合っているので簡単には解決策が
見つけなれない難しい問題があることも話されました。
みなさんからもたくさんの質問や意見が出ました。

第2回目からは、アフリカ、モンゴルなど国や地域を絞って人々の暮らしや自然環境の変化
などについて写真を見ながらさらに詳しくお話していただく予定です。

次回は2月15日(木)午後1時半から市民プラザ・ゆう2階 大会議室で開きます。
どうぞご参加ください。
文:ケセラさん

カテゴリー: ま~ゆブログ | 180115 ま~ゆ寺子屋 はコメントを受け付けていません。

180106 まゆ玉ま~ゆ市

2018年ま~ゆ事始めとして繭玉つくりと新年会を開きました。

まずは、繭玉つくりです。
米粉を蒸して紅、黄色、緑、白の繭玉をつくります。
毎年やっているのに1年たつと手順がおぼつかなくて・・・
そこはベテランのたまちゃんのご指導の下、男性陣も捏ねるのに力を発揮。色とりどりの
繭玉が出来上がっていきました。
ごんべえさん、西ちゃんが準備してくれた柳の枝に飾り付け。
孫さんちのさきこちゃん、とっとちゃんのお孫さんとお子さんが頑張って、繭玉を飾り
付けてくれました。
飾り付けた繭玉をバックに早速記念写真。笑顔が弾ける写真になったことでしょう。

次に恒例のhappyバースデー。なんと1月生まれの方が誰もいなくて、年女のミーすけさん、
きよちゃん、古希のアンジンさん、喜寿の孫の手さん、傘寿のたまちゃんをみんなで歌って
お祝いしました。(特製の大団子も付けて)

さあ、次は新年会。
つくりたての繭玉団子や持ち寄りのごちそうを回して会食しながら新年の抱負などを語り
合いました。
家族が集まってお正月がにぎやかだった。年をとっていろいろ気がかりも増えたけど、
事故無く健康に暮らしたい。山登りがきつくなってきたが無理せず続けたい。
親の介護をしながら年を重ねることの意味を感じている・・など、など。

誰もが避けられない老いではあるけど、みなさんまだまだ元気です。
健康に気をつけて社会にもしっかり向き合ってやりたいことを思いっきりやって、今年も
充実した時を過ごしましょう。

本年もどうぞよろしくお願いします。

文:ケセラさん

 


カテゴリー: ま~ゆブログ | 180106 まゆ玉ま~ゆ市 はコメントを受け付けていません。

171223 ま~ゆ餅つき大会

朝の冷え込みを吹き飛ばすように8時から、もち米を蒸かし、臼でぺったんぺったんと餅つき
が始まりました。
幸い好天気に恵まれ外にいる方が気持ちがいい日。
竈の火の当番をする人、米の蒸かしかげんをチェックする人、もち米を計る人、餅を搗く人、
合の手を入れる人、餅を伸ばす人、
昼食用にアツアツの餅をちぎって丸め、ゴマやあんこ、おろし餅、大福をつくる人。
それぞれが得意分野で大活躍。口も手も大いに動いてました。

機械化、効率化が暮らしの隅々に浸透している日常の中で、たまにはこうしてみんなで
ワイワイ言いながら昔ながらのやり方でやるのもいいものだな~と、しみじみ思います。
みなさんはいかがでしたか?
それにみんなでいっしょに食べるのは本当においしくて格別の味です。

大人33人子ども7人の総勢40人で、つきたてのお餅をいただき、今年最後のま~ゆの
大イベントを締めくくりました。
いろいろ事前準備してくださった方々、参加してくださったみなさん、お疲れ様でした。
新しい年もみんなで楽しくいろいろことにチャレンジしていきましょう。
来年もどうぞよろしくお願いします。

PS:千葉大学大学院生の孟くん(総会でま~ゆに入会)は、わざわざ千葉から参加してくれ、
日本の餅つきを初体験しました。

文:ケセラさん

カテゴリー: ま~ゆブログ | 171223 ま~ゆ餅つき大会 はコメントを受け付けていません。

171210 ま~ゆ市

今年最後を締めくくるま~ゆ市を午後1時半から市民プラザ・ゆうで開きました。
★はじめに<モノ・コト交換市>です。
イガチク小麦粉、青豆、ゆず、イラク支援チョコ、そらねこ会カレンダー、ホッカイロ、皿、バック、スカーフ、絵本、本など、今回もいろいろな品が並びました。
出店してくださったみなさん、ありがとうございました。
ただ、参加者が少なくてあんまり販売や交換ができなかったのが、ちょっと残念でした。

🍰<12月happyバースデー>❤
孫の手さん、ミーすけさん、めばえさんの3人をお祝いしました。
お菓子はつきともちゃんが焼いてくれ、リンゴをきよちゃんとしん子ちゃんが、なみさんが野沢菜を持って来てくれ、お茶を飲みながら歓談しました。

⛄<4グループに分かれてミニトーク>⛄
今年印象に残っていること、これからやってみたい事をグループで話し合いました。
以下に一部を紹介します。
==印象に残っていること==
・廿日市での”文化のつどい”が良かった。
・山梨ツアーが楽しかった。
・ま~ゆに入って仲間ができた。
・例会の顔ぶれが固定化しつつある。
・若い人の参加が少なくて残念。
など、それぞれたくさんの感想や意見が出ました。

==これからやってみたいこと==
・いっちゃさんの連続講座。
・バス旅行(視察研修ツアー)。
・家に眠っているものの有効活用。
・テーマを決めた海外視察旅行。
・「今日は一日ま~ゆ楽校」をみんなの家でやりたい。
・じっくり時間を取った企画や学習会。
等々、楽しい企画などがたくさん出ました。

その後、インフォメーションと冬の歌をみんなで歌ってお開きになりました。

🎄日曜日の昼間の開催でしたが、都合がつかないためか、興味がないのか、参加される方が少ないのがとても寂しくまた残念です。
ネットでいろいろ情報交換はできますが、やはり顔を合わせて、語り合うことも、今の世の中ではことさら大事な気がしますが、みなさんはどう思われますか?

楽しくためになり、常に進化するま~ゆ市をめざしたいと思っています。みなさんの忌憚のないご意見や知恵をどんどんお寄せ下さい。
どうぞよろしくお願いします。
文:ケセラさん


カテゴリー: ま~ゆブログ | 171210 ま~ゆ市 はコメントを受け付けていません。