180804 ま~ゆ夏まつり生ビール大会

5時30分に吉崎酒店の裏庭に集合して、ヒデさんの号令で会場作りを始めました。

今年は雨の心配はまるでなし。テーブルを3箇所作り、1箇所には持ちよったご馳走を並べました。

生ビールジョッカーはいっしゅうさん、吉崎酒店のご主人の乾杯で夏まつりは始まりました。

ごんべえさん「ここで生ビール祭りが始まったのは・・・」(ヒデさんと都々平さんが補足説明)。

ノセさん 「65歳を超えたが、元気の源は現役で働くこと」。

武井さん(いっしゅうさんお友達)が挨拶。

いっしゃん 「市議の視察研修に行くが、おかしいと疑問を持つこともある」。

ミーすけ さん「乗鞍岳登山に37人で行った。作ってもらったソフトクリームを床にピチャと落とした人がいて皆で悲鳴を上げた」。

にゃんこ先生 「この暑さはうれしい、寒い時よりずっといい」。

きゅーぴーちゃん 「下の女の子ひなこが1歳半、お兄ちゃんのそうたは年中さんで甘えん坊、二人が取り付いて困ってしまう」。

猫太郎さん 「肺炎になったので体に気をつけたい」。

かっこうさん 「夏まつりに何人か誘ったが、急ではだめだわね」。

かっこうさんの友達の山浦さん、「主人が東京で入院している。ま~ゆの仲間を見て主人が探していた会だ、と話してやりたい、月に2回上田に来る」。早速ま~ゆに入会。

いっしゅうさん 「シュガープラムという甘いミニトマトを修学館高校で栽培している。是非皆さんも買ってください」。

かっとまん 「この夏バイカル湖に行ってきた。シベリアは英語が通じないね。77歳になった」。周りから「若いね」の声。

最後は都々平さん 「ま~ゆ楽校では一流の先生が楽しい授業をしてくれました」。

いっちゃさんも豆畑の草の話。

次にハッピーバースデ-は、かっとまんただ一人。

パプニングがありました。夏祭まつりの看板を見て飛び込んできた、近くの会場でライブをしている二人。飲んで食べて、気持ちよく1曲歌っていきました。

皆で歌集の歌を、武井さんの口三味線があり、のりに乗って、歌いました。参加者は少なかったですが、楽しいひと時でした。

文:ミーすけさん


カテゴリー: ま~ゆブログ | 180804 ま~ゆ夏まつり生ビール大会 はコメントを受け付けていません。

180720 カフェま~ゆ廿日市

7月の廿日市は、都々平さん企画演出の「きょうは一日ま~ゆ楽校」。

ま~ゆ会員のみなさまが先生となり、さまざまな授業と、給食やホームルームも行われ、久々の学校生活を楽しみました。
暑い一日でしたが、総勢20名ほどが集まりました!

一時間目は、ごんべえ先生の体育「誤嚥防止の舌トレーニング」。
普段使わない顔や舌の筋肉をトレーニング。ものすごく変な顔をしながら頑張るも、思うように顔が動かない・・。顔まわりの筋肉、普段使っていないことがよく分かります。鍛えたら、誤嚥防止だけでなく、小顔効果やたるみ改善などにもなりそう!

二時間目は、ヒデさん先生の算数「数独の解き方」。
解き方を教わり、すぐに答えが出る人もいれば、お手上げな方も(笑)これは脳トレにぴったり!  久々に頭を使いました。一日1問でも解けば頭が良くなりそう。

三時間目は、ますみ先生の家庭科「おやき作り」。
みんなで手分けして、あんこorナスの間に味噌を挟んだものを包んで蒸して、具沢山の味噌汁も作りました。初めてのおやき作り、楽しかった!  今回ナスは輪切りでしたが、刻むという方もいたり、地域性があるようです。

そのまま給食で作り立てをいただきました。ごんべえさんの伊賀筑の小麦粉はやはりもちもちでおいしかったです!

お店はリンさんが作っているハチミツ、ニガリや泡盛、辛口屋さんから卵、お茶、ベーグル屋ハルさんのベーグル、こずえさんの木のおもちゃが並びました♪

四時間目は、にゃんこ先生の外国語「日本の中のイタリア語」。
日本に浸透しているイタリア語が結構あることに驚き。分かりやすい説明で、まったく縁のないと思っていたイタリア語に興味がわきました。

その後は掃除やホームルームをしておしまい。

次回のま~ゆ楽校は来年だと思いますが、会員のみなさまがそれぞれの得意分野を教え合ったら、いろいろな授業ができそう。また自分では知り得ないことを教えてもらい、見識が広がるので、素敵な企画だと思いました。勉強になり、まさに”楽しい学校”でした。

来月の廿日市は8月20日の月曜日。詳細は別途案内をします。暑いですが、なんとか乗り切って来月も楽しみましょう(^O^)

文:ひなちゃん


カテゴリー: ま~ゆブログ | 180720 カフェま~ゆ廿日市 はコメントを受け付けていません。

180710 ま~ゆ市

7月のま~ゆ市報告です。
======================
10日の午後7時前、中央公民館にま~ゆ人が集い始めました。
まずは「モノ・コト交換市」からスタート。
====
インゲン豆(ミーすけさん)、新じゃが(ぶんちゃん)、かつおだしつゆ(ごんべえさん)、
古本(ヒデさん・殿下)、アクセサリー・小物(はらまきさん)。
出店して下さったみなさんありがとうございました。
品物を囲んでのおしゃべりも楽しいひと時です。
私は、ヒデさんお薦めの本を100ま~ゆで交換。
思いがけず素敵な本に巡り合えました。
====
次はインフォメーション。
廿日市の「一日ま~ゆ楽校」や8月4日の「生ビールまつり」、パレちゃんが挿絵を描いた
『土手下沼地学校』の本を紹介し、購入を呼びかけました。
その他いつものように色々お知らせがありました。
======
≪7月のhappyバースデー≫
うえのさん、こくぼちゃんのお二人をごんべえさんのリードで、♪ハッピーバースデー♪を
歌ってお祝いしました。
💛うえのさんはこの日がお誕生日。1931年のお生まれです。
元気にま~ゆ市に参加してくださって感謝です。
💛こくぼちゃんは子育てに没頭してる頃は自分の誕生日を祝うこともなかなかできず、
こうして祝ってもらえて嬉しいとのこと。
🍰お菓子はにゃんこ先生がブルーベリー入りのケーキを作ってくれました。
ぶんちゃんはサイヤンお手製のきゅうりの漬物を差し入れしてくれました。
少し余ったケーキは、またまたじゃんけんで勝った人がもらいました。
======
≪近況報告や会報の感想などフリートーク≫
司会進行の都々平さんは話題を引き出すのがとても上手。
つい乗せられて次々とみなさんからいろんな話が出て、時間がたつのも忘れ聞きほれました。

日頃感じていることや生活の一コマなど何気ない日常も、語ることで新しい発見や共感が
生まれます。
聞いてくれる人がいるって素敵なこと。
これからもこうしたひと時を大事にしたいな~と感じ入ったミニトークタイムでした。
みなさんはいかがでしたか?

======次回予告=====
★8月のま~ゆ市は特別篇『ま~ゆ生ビールまつり』です。
日 時: 8月4日(土)午後5時半から
場 所: 吉崎酒店 裏庭(原町 池波正太郎館の北側)
参加費: 300円 生ビール(一杯350円?多分)
ご自慢の1品持ち寄りパーティーです。
のん兵衛もそうでない人も真夏の夜のひと時を楽しみましょう!!
===============

文:ケセラさん

カテゴリー: ま~ゆブログ | 180710 ま~ゆ市 はコメントを受け付けていません。

180620 カフェま~ゆ廿日市

本日の廿日市の様子をご報告させていただきます。

まず、入ると、みんなの家がさらに素敵になっています!!そう、入口入って正面に見えるところが、先日の作業で素敵に漆喰塗りがされていました。
今までとちょっと違うみんなの家を、本日来られなかった方は次回お楽しみにして来てください。

2階にあがると、先月の廿日市での絵付け教室での作品がズラリと並んでいます。
どれも素敵な作品ばかり。
作品の間に飾ってあるお花が、より作品を格上げしてとてもよい雰囲気です。
「無欲」と書いてあるのを見て、「誰の作品がすぐわかるねぇ~」なんて会話もされていましたよ(笑)

11時頃からいよいよ今回のメインの「うどん打ち」。ごんべいさんが生地を作ってきてくれたので、それを食べる人がそれぞれ伸ばして切って~本日のランチのうどん作りです。

まずは、ごんべいさんの見本を見て、みんなもそれぞれ打ち始めます。いざ打ち始めると、「もっと細い方がいい」「いやもっと太い方が」「折りたたんだ方がいいよ」「いや、折りたたまなくても大丈夫」といつものように(?)先生が何人もいて、それぞれ意見があり、そんな様子がとてもま~ゆらしい感じ。

1人分づつ茹でてもらい、いざ、実食。
みんなで、自分以外の方のも味見をすると、生地が同じでも、延ばして切る人が違うだけで、こんなに味が変わるんだぁ~と感動です。
誰もが、「自分のが一番!」と思う味に仕上がりました。

ごんべいさんが作ってきてくれたおつゆも、ますみさんが作ってくれた薬味や揚げ玉も、うどんをさらにおいしくしてくれました。
お店で食べれば2人分以上と思われる量だったのですが、私はペロッと食べちゃいました。
おまけにデザートに、ますみさんの日本ミツバチのハチミツ&ジャム(イチゴとルバーブ)のヨーグルトまでいただき、大満足のランチでした。

出店は、リンちゃんの石垣島の泡盛、辛口屋さんから卵、お茶、ベーグル屋ハルさんのベーグル、そして、私も「のこのこ~ば」の商品をいつものように並べさせていただきました。
昼食後に、リンちゃんと、ヒデさんで、のこのこ~ば の商品の「立体三目並べ」で勝負!結構、白熱した戦いでしたね。(笑)

私は13時半頃に都合で帰らせていただきましたが、その後は書道教室が行われていたと思います。

文:こずえちゃん


カテゴリー: ま~ゆブログ | 180620 カフェま~ゆ廿日市 はコメントを受け付けていません。

180610 ま~ゆ寺子屋&ま~ゆ市

6月のま~ゆ寺子屋報告です。
==================
『世界の自然と人々の暮らしPart6:日本・上田編』
テーマは「上田地域の風穴の話」でした。
<風穴ってな~に?>
風穴には冷風穴と温風穴があり中では繋がっているようです。
*冷風穴=山の斜面から夏には外気より冷たい風が流れ出る。
*温風穴=冬に外気より暖かい空気が流れ出ている。
*風穴はシダ植物が茂り湿った場所にある。
*風穴ができる地形の特徴として地滑り地形の所に多いが、なぜできたかはまだ解明されて
いないそうです。

<上田周辺には30か所も風穴がある>
◆①太郎山の虚空蔵山②独鈷山③別所の氷沢の3か所が特に有名です。
太郎山の風穴にセンサーカメラを設置して観察してみると、タヌキやクマが姿を見せて
いました。動物も涼んだり温まりに来ているのかな?
◆・独鈷山風穴気温測定記録(2015年4月~2016年3月)
 ・別所氷沢風穴温度測定記録(2017年3月~2018年4月)
2か所ともに4月から10月までは冷風穴では0℃~5℃で、冬になると外気と同様に変化する。
反対に温風穴の場合は春から夏にかけては外気と同様な変化だが、10月以降は外気より
暖かい温風が出てくる。

◆冷風が出る仕組み(仮説)以下の3点が考えられる。
①冬に氷や冷えた岩石のような冷たいものがありそれが外から吸い込んだ暖かい空気を
冷やす。
②水流があり気化熱で地下の空気が冷やされる。
③地下の隙間の空気が断熱圧縮、断熱膨張によって冷やされたり、 暖められたりする。
凝縮熱は空気を温める。

<風穴の養蚕業への利用>
冷風穴で蚕種を保存することで孵化をコントロールした。
これによって春蚕、秋蚕、晩秋蚕と3回でき蚕種を近隣に売り歩いた。
蚕都上田を支えた自然的背景が風穴だった。
長野県の生糸の生産量は1880年代から伸びはじめ、1930年代にピークになったが、
1945年の敗戦で急落した。
その後アンモニアによる冷蔵庫が開発され風穴は利用されなくなった。

<風穴を産業遺産に>
風穴のお蔭で上田地域は資本蓄積ができたので冷蔵庫の設置も可能だった。
また養蚕を支えるため山の斜面を利用して石を積んで桑の段々畑を造った。
養蚕業は上田地域が発展する産業でもあった。

歴史とは偉人や施政者の功績ではなく一般の人々の暮らしにもっと注目し記録に留めておく
必要があります。
そこで風穴を上田の産業遺産として後世に残していきたいといっちゃさんは考えています。
=====================
風穴の不思議に質問や意見がいろいろ出て楽しく学び合いました。
いっちゃさん、ありがとうございました。
文:ケセラさん

6月ま~ゆ市報告をします。
=======================
ま~ゆ寺子屋とのジョイント開催でしたので、午後2時半過ぎからま~ゆ市を開きました。
(※寺子屋の前には会報の綴じ込みもみんなでしました)

まずはモノ・コト交換
たくさんのタケノコをミーすけさんが持って来ました。
採れたてのレタスや小松菜の種をいっちゃさんが、コスモス、朝顔、青じその苗などを
仙ちゃんが、各種古本をしん子ちゃん、ケセラが出店しました。
色々なものを仲立ちに調理法や苗の育て方、本の内容など、そこここで話が盛り上がって
いました。
これが他のお店ではなかなか味わえないま~ゆ市の良さでしょうか?

次にインフォメーションタイム、
今年の味噌づくりの申し込み締め切り日だったので、ミーすけさんから案内がありました。
(忘れている人大急ぎで申し込んでね)
6月の廿日市についてりんちゃんから、らいてうの家の笹刈りについてしん子ちゃんから、
30日の市民フェスティバルについてケセラから、FUJIさんからは版画展の紹介がありま
した。(詳細は担当者からま~ゆMLに流してくださいませ)

さて6月のhappyバースデーです。
なんと、なんと今月も該当者がおられません。
じゅんちゃんがとっても美味しいアップルパイをたくさん作ってきてくれたというのに・・。
そこでまずは「夏は来ぬ」の歌をみんなで歌いました。
それから、アップルパイをいただきながらしばし歓談。
お菓子が余ったので司会のかっとまんとじゃんけん。
勝った人が追加でもらえます。
俄然みんなは童心に還ってじゃんけんゲームに興じます。
何回か繰り返して10人がおまけのアップルパイをゲットしました。
でもせっかくのお誕生会に主役がいないのはやっぱり寂しいものです。
自分の誕生月だけでもま~ゆ市に顔出してくださるとうれしいです。
お菓子の後は「牧場の朝」を歌いました。
懐かしい歌をみんなで歌うのはいいものですね~。

最後に久しぶりに顔を出してくれたどんちゃんや幸子さん、FUJIさんなどから近況報告を
してもらいました。
どんちゃんは看護学校の3年生になり現在実習で松代病院に行っているそうです。
幸子さんからは先日の警察官が襲われた北小、三中校区の児童生徒の登下校の見守りの話が
でました。
早く犯人が見つかるといいのですが・・・。
=========================
1昨日の新幹線内での殺傷事件や幼い子どもの虐待死など本当に胸が痛みます。
何処かで何かが狂いだしているような気がします。
もう少しゆったり穏やかに暮らせる社会にしたいです。
さて何ができるのでしょう??
======================
文:ケセラさん

カテゴリー: ま~ゆブログ | 180610 ま~ゆ寺子屋&ま~ゆ市 はコメントを受け付けていません。

180602~03 お田植まつり

素晴らしい天気に恵まれて10名の早乙女早男がそろい、手際よく田植えが終わりました。
昨年は苗の成育が思わしくなく300坪が植わりませんでしたが、今年はどんぴしゃ苗で余りました。

そこで明日、何人かにお助けのお願いです。隣の100坪の田も余った苗を植えたいと欲が出ました。
9時から2時間以内で終わると思いますので宜しくお願いします。

かっとまん、アンジンさん、ミーすけさん、急なお助けに馳せ参じて頂き苗を無駄にしないで
植えつけました。ありがとうございました。秋の実りを楽しみにして下さい。

文:ごんべえさん


カテゴリー: ま~ゆブログ | 180602~03 お田植まつり はコメントを受け付けていません。

180520 カフェま~ゆ廿日市

5月の廿日市は日曜日10時から始まりました。
日曜日で天気にも恵まれ、総勢20名ほどが集まりました!

陶吉さんによる絵付け体験は、木漏れ日がきもちよい庭にテーブルを設置して開催。

湯のみ、大皿、小皿から好きなものを選び、さまざな色を使って絵を描いたり文字を描いたりしました。みなさま、それぞれ個性が出ていて素晴らしかったです! 夢中になって創作する時間、良いなぁ~~としみじみ思いました。来月の廿日市には焼き上がるとのことで、完成が楽しみです。

一方で、サムライ学園のシェフ・ともちゃんが中心となり、昼食にカレーとサラダを作りました。野菜はみなさまが持ち寄ってくださりました、ありがとうございます。大人は中辛、お子様は甘口。釜で炊いたごはんもちょうどよく炊けて、とってもおいしかった!! おかわり続出。

お店はリンさんの石垣島のニガリや泡盛、辛口屋さんから卵、お茶、ベーグル屋ハルさんのベーグル、ともちゃんからクッキーやきな粉のシフォンケーキが並びました。シフォンケーキはその場で食べるスタイルで、食後のおやつにぴったり。優雅なカフェのような時間を過ごしました^^

あとは自由にのんびりと、お喋りしたり、昼寝をしたり、みなさま思い思いに自由に楽しく過ごしました。つい長居してしまう、居心地がよいみんなの家です。

来月の廿日市は6月20日の水曜日。詳細は別途案内があるとのことです。またいろいろな体験や出会いを楽しみにしております(^O^)

文:ひなちゃん


カテゴリー: ま~ゆブログ | 180520 カフェま~ゆ廿日市 はコメントを受け付けていません。

180517 ま~ゆ寺子屋

★「世界の自然と人々の暮らしPart5 ブラジル編」
30度近い暑い日にブラジルのお話をお聞きしました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<ブラジルは遠かった>
羽田を出発し途中2回給油をして約24時間余かかってリオデジャネイロに到着。
<バグッサオーガニザーダ=組織された混沌>
リオの海岸には水と戯れている富裕層の人々がいる一方、山の斜面に張り付くように貧しい
人たちの小屋がびっしりと立ち並んでいる状況を見て貧富の格差にいっちゃさんは
カルチャーショックを受けたそうです。
~~~~~~~~~
さて、本論です。
はじめに南米の植生図から話が始まりました。
ブラジルと言えば熱帯雨林のアマゾンを思い浮かべますが、カーチンガという乾燥地帯、
リオデジャネイロ近辺の草原地(パンパス)があります。南米大陸は一度も海に沈んで
いないため土壌が貧しく木々も貧しいそうです。うっそうとした樹林帯を想像すると意外
でした。
ブラジルに行った目的は乾燥地域の砂漠化を止めるための調査をすることでした。

<熱帯雨林帯>
ポルトガルが植民地にする以前は海岸線まで熱帯雨林帯だった。入植者たちは熱帯雨林を
切り払って広大なサトウキビ畑にしました。石油が無いのでサトウキビからアルコールを
つくり車の燃料にするためです。原住民は農業をしないで狩猟採取で暮らしを立てていた
のですがサトウキビ畑で農業従事者として働くようになりました。

<アマゾン河>
写真には白い川と黒い川にくっきりと分かれて水が流れています。白い水は白い土壌の
表面が流れ込んでいるため。黒い川は腐食菌が溶け出して流域から流れ込んでくるためだ
そうです。
一つの川がこんなにくっきりと明確に分かれているのを初めて見ました。水の密度が異なる
ので交わらないのだそうです。
人々は川辺で洗濯したり、水浴びしたり、魚を取る漁師がいたり、川が暮らしにしっかり
根づいています。写真の子どもたちの表情もキラキラしていました。

<アマゾン・マナウスの市場>
写真には山積みになった”マンジョウカ”が写っています。現地の人たちの主食だそうです。
マンジョウカ=キャッサバで、サツマイモに似ていてタピオカの原料だそうです。
(にゃんこ先生が調べてくれました。)

<カーチンガ(乾燥地帯)>
平均気温が18度、年間降水量800m。四季が無く雨季と乾季に分かれます。牛を放牧して
いますが富裕層の大土地所有なので人々は牧夫として雇われています。
しかし、都市化が進行し食べ物がパンに変わってきて、パンを焼く燃料として木を切り
焼き畑にします。そのため植物が無くなり集中豪雨があると地表面の土壌が流されて
砂漠化がさらに進行するという悪循環になっています。

<カーチンガでの土壌改良実験>
そこでマメ科植物の落ち葉を入れると窒素肥料が増え植物の生育が良くなることを土に
混ぜた落ち葉の重さとトウモロコシの成長を調査して表にして理解してもらうのを試したが
農業時代が無かった現地の人に理解してもらうのは困難だったようです。土地が自分の所有
でないことも理由としてあります。

<エコシステムの不思議>
空気中には約74%の窒素がありますが人間も動物も一般の植物もこの窒素を利用できません。
土中の根粒バクテリアだけが利用できます。
植物の生育には窒素が必要です。マメ科の植物は根に根粒菌があるので空気中の窒素を
固定化することができます。動物も人間も一般の植物もマメ科植物と土中バクテリアの
お蔭で命をつないでいるわけです。
最近注目を集めている人の腸内細菌もその一つとのこと。

<ブラジル・セラード(草原地帯)>
首都ブラジリアは草原を開拓して建設した人工的都市です。
サンパウロには日本人がたくさん入植しました。
日本人が入植に成功するとユダヤ人が入植してきて金貸し業をするそうです。
~~~~~~~
ここからは人類と世界の話になりました。
①貧富の差がある ②軍隊を持っている ③貨幣を持っている
の3点が世界各国の共通項とのこと。
特に貨幣・通貨について勉強したくていっちゃさんはま~ゆに入会されました。
「のし袋」=お金を包むものは日本にあって他の国では売っていないものだそうです。
何故でしょうか?
日本には「お金」は不浄なものという思想があったのでは・・。
お金で物事を解決する人は尊敬されていなかったなどをお聞きすると、現在のモリ・カケ
問題を想起してしまいました。
『貨幣や通貨』については今後もっと深めたいテーマです。あらためて学ぶ機会を持ちたい
と思いました。

その後は、幸せ度とは? ものが豊かであることは本当に幸せと言えるのか? 核兵器の
発明は人類最大の汚点ではないか。科学の二面性や科学者のあり方などいろいろな意見交換
がなされました。

講師のいっちゃさん、お疲れ様でした。加除訂正をよろしくお願いします。
参加されたみなさんありがとうございました。

文:ケセラさん

カテゴリー: ま~ゆブログ | 180517 ま~ゆ寺子屋 はコメントを受け付けていません。

180510 ま~ゆ市

5月10日(木)午後7時から中央公民館で開きました。

◎モノコト交換では、陶吉さんが茄子、トマト、キュウリ、ゴーヤ、カボチャなど夏野菜や
ブルーベリーの苗を出店。
夏には美味しい野菜が食卓を彩ることでしょう。
他には、しんこちゃん、ケセラ、殿下が絵本、本、CDを、ごんべえさんがイガチク小麦を
出店しました。
品物を囲んでみんながあれこれ言いながら和やかに交換しました。

◎次に5月のハッピーバースデー。
何と5月生まれが誰も参加されていません。(さみしい!!)
せっかくですから、ごんべえさんのリードで「鯉のぼり」の歌を2曲歌って楽しみました。
お菓子はまるちゃんが美味しいチーズケーキを焼いてくれました。
少し余ったので希望者が追加でいただきました。
今井さんからはバースデープレゼントに素敵な花束が提供されましたが、バースデーの方が
いないので、じゃんけんで勝った仙ちゃんとトットちゃんがもらいました。
登藤とアイリスの紫の花がとても素敵でした。
◎インフォメーションもいろいろありました。(詳細省略)

◎最後に参加者の近況報告をしました。
はじめにヒデさんから、みさおさんの葬儀の御礼や経過報告がありました。
体調を壊していた人。ストーブの仕舞い方を伝授する人。畑づくりを楽しんでいる人。
仕事が忙しくてま~ゆに参加できなかった人。子どもから旅行をプレゼントしてもらった人。
5月の保養サポート報告など本当にいろいろな話が出ました。
みんなに共通する健康のこと、人生の仕舞い方なども話題に上り、エンディングチームを
復活させようかという意見も。
でも最後に盛り上がったのは5月3日、4日に行われた太郎山ランニング登山大会の話題
でした。
みなさん話したいことが山ほどあって時間が足りないくらいでした。
肩ひじ張らないさりげない日常を話す機会はとても貴重なことだと感じました。
その人の暮らしのアレコレから人柄がにじみ出てきます。
みなさんはどうでしたか? また感想をお寄せください。
===============
さて、次回6月10日のま~ゆ市は日曜日です。昼間に開きます。
夜の参加が難しい方は是非6月のま~ゆ市にご参加くださいね。
詳細は後日ご案内します。
文:ケセラさん

カテゴリー: ま~ゆブログ | 180510 ま~ゆ市 はコメントを受け付けていません。

180420 カフェま~ゆ廿日市

今年の廿日市オープンを祝って餅つきをしました。  
ごんべえさんとミーすけさんの息の合ったつき方に、ギャラリーからはヨモギが長い、
大きいなど勝手な声が飛ぶ。

きよちゃん、ますみさん、ぶんちゃん、ミーすけさん、ケセラたちで、つき上がったお餅を
丸めて草餅大福、あんこ、ゴマ餅をつくります。
始めて参加のひなちゃんも都々平さんの指導で草大福作りに挑戦。

外では味噌汁や採れたてのウドと生シイタケの天ぷらを陶吉さん、じゅんちゃん、
まこさんたちで作ってくれました。
竈の火加減を見るのはゆうさん、パレちゃんとこれまたベテラン揃い。
みんなでワイワイとまるで大人のキャンプみたいな賑やかさです。

お昼にはつきたてのお餅に揚げたてのテンプラ、みそ汁、その上差し入れの漬物、ゼリー、
りんご煮、わらび、青菜のお浸しなどがテーブル一杯に並びました。
みんなが顔をそろえお腹いっぱい食べられる幸せはまた格別です。

お店には波照間島の黒糖、泡盛、石垣にがりなどリンちゃん肝いりの品々やこずえちゃんの
木のおもちゃ、乾麺類、お菓子、殿下の懐かしCDなどたくさんの品が並びました。
外ではエンドウ、そら豆等の野菜の苗、パンジーなどの花の苗、ランの鉢花など陶吉さんが
格安出店。
またじゅんちゃんが風知草や翁草などを出店してくれました。
これからみんなの畑や庭先を彩ってくれることでしょう。

お金をだせば何でも簡単に手に入る世の中だけど、こうしてみんなで時間や手間をかけ、
作り手や出店者の顔が見えるつながりが一層貴重に思えます。
お店に並んだ品々を眺め、ごちそうを前におしゃべりの花を咲かせ春の一日を堪能しました。

いろいろ事前準備してくださったりんちゃん、ますみさんはじめスタッフのみなさん
お疲れ様でした。
また一緒に廿日市をつくて楽しんでくださったみなさんありがとうございました。
🌺~~~~~~~~~🌳~~~~~~~~🌺
次回廿日市は5月20日の日曜日午前10時からです。
陶吉さんのご指導でお皿やカップに絵付をする体験会を予定しています。
世界に一つだけのお皿やカップをつくってみませんか。
お子さんたちにもきっと楽しい体験になると思います。
どうぞ予定に入れておいてくださいね。
文:ケセラさん

カテゴリー: ま~ゆブログ | 180420 カフェま~ゆ廿日市 はコメントを受け付けていません。